cb6a506d57a75369f32ef80c5db63d79_s

引越しは進学や就職、転勤などばたばたと決まることが多くてやるべきことが多くあってそれだけでも忙しくなります。いろいろな手続きや荷物の詰め込み作業、業者への連絡など気が休まらないうちに一気にやらなければなりません。それまで暮らしていた部屋や地域のことは、それまで当たり前のように感じてなんとも思わなくすごしていますが、引越し作業が終わり、家を後にするときにふと少し寂しい感情になります。

食器棚の引越し料金についても知っておこう。

私は人生の中で何度か引越しをしましたが、辛いことも楽しいことも、いつも家があり、そこで過ごしたことがいろいろと思い出されてきます。家には感情がないのですがいつもその引越しの最後の場面で過ごした家や部屋に感謝の気持ちをこめて後にします。その後二度と来ないかもしれないというところもあったり、解体されて見ることも出来ないこともあるかもしれません。それでも人生を支えてくれた場所ということには変わりなく私が生きている限りは永遠にその家や部屋で過ごしたことはかけがえのない記憶として残っています。特に長くすごしたところは本当に名残惜しく、後ろ髪を引かれる思いですが、新しい引越し先の新居での生活も待っているということで気持ちを切り替えるようにしてその場所を後にします。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする