行方不明のお菓子、友人だけでなく私の身にも降りかかった大きな事件です。今は、まず他の事案よりも頭の中を離れられないのです。
さて、それでも衣食住に関して、つまり収入源とも関係が出て来る、生きるという大きなテーマについて、毎日考えないわけにも行きません。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s
何処に住むか、それは好みも重視すべきでありつつ、近年は大きな災害も考慮せねば、定住も安心ができない時勢とされつつあります。
平和なお菓子の話も、癒しにつながるのだけれど、生きるか死ぬか生き残れるかなんていうリアリティーな真面目トーク避けられぬような今、最終的には交友関係が基盤となるように考えています。
人間にはカラーがあります。真面目なタイプ、リラックス効果の強いタイプ、ガミガミな感じのお節介タイプなどなど、単純に仕分けしても10を越える種別があるように、私も思うのです。
川が近い、海が近い、都心に近い、駅まで近い。このような不動産的な思考も基本的ではありながら、それよりも誰が周囲に住んでいるのか!ここに私は重きを置きたいと考えるように、思考が移り変わってきたわけです。
出入り頻度の激しい御隣さんが居れば、それはそれで落ち着かないものです。適応能力も試されます。いつかは助け合わなければ、やっていけなくなるような日も来ることがわかっています。小さなことならば目を瞑って、他者を許すような大きな心を持てないようでは、私も大人として格好がつかなくなっていきます。今は、考え直す時期にもあるように感じたり、やがていつか訪れる立ち退きという形での引っ越しにも備えを整えておく必要性だって、わかっているつもりなのです。

大阪市内の引越し料金の相場をチェック!

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする