チケット料金を設定しない、音楽会は良いものです。市民のために、住民に元気を与えるために、会員募集のためにetc・・。定期的な公演の本来の目的は見えてなくても、次回開催へ直接つなぐという大きな楽しみは、参加者皆に共通となります。

9b71e77a663e9340a3b85ce7f2c86ec1_s
おそらく私の住む近隣だけではなく、どこの市町村でも似たようなイベント開催はあるはずです。一年の中で限られた回数しか行われない、それらの素晴らしいイベントは、日時を自分のスケジュールと照らし合わせて、出席することが条件となってきます。
文化的な発表会は、音楽だけとは限りません。作品展示や、絵画の展示、それだけでなく他にも探せばあるはずです。わざわざ市の力を借りなくても、公民館レベルでの発表の機会も作られているはずです。要するに興味関心を持つ者が、自然発生的に集合していく流れです。
この先に私の住所が切り替わる際には、これらの御縁も切り替わる可能性を十分に考慮すべきなのです。あんまり遠くには引っ越すべきではないかもという思考です。変わりなく自分がイベント会場へ、毎度同じように足を運ぶことは問題がないけれど、やはり心配な点も出てきます。
引っ越してしまうことで、新たな御縁は必然的に生まれてしまいます。そういう場合に、新たな土地でのイベントも魅力があるわけです。<どちらか片方が贔屓され、もう一方との御縁が薄まる恐れ>について、少し今回は書いてみたいと思ったのです。かなり小さな話に見えても、人の御縁は重要な話です。簡潔に纏めて書き上げられませんでしたが、言いたいことは<引っ越すことで関わる人間関係が変化してしまう恐れ>について書きたかったと、それが結論となる部分です。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする